プロフィール

FC2BLOGカスタマイザー

FC2BLOGカスタマイザー

FC2ブログ十数件、アメブロ数件、Yahoo!ストア、Yahoo!オークションストア、カラーミーショップ、ビジネスサイト数件、趣味サイト数件を現在仕事とプライベートで管理・運営中。過去には他のASPやCMSもいろいろ。

全記事表示リンク
検索フォーム
ユーザータグランキング
最新コメント
<>+-

記事単位でトップを狙え!

アフィリエイトブログは、テーマを絞り特化したブログにする。
たしかに本格的に稼ぐならそのほうがいい。
でも、趣味ブログの体裁を保ちつつ、お小遣い程度稼げればいいのであれば、それほど気にしなくてもいいと思う。

アクセス解析をしている人はわかると思うけど、なぜかアクセスの多い記事ってあるよね?
記事に辿り着くには、リンクからだったり検索からだったり、ルートはいろいろあるけど、そういう記事は検索からの訪問が多い。
その記事は、程良い需要があるニッチなキーワードの選定に偶然成功していて、内容もそこそこ充実。用はSEOがうまくいってるんだよね。

テーマはひとつに絞らなくとも、普通に日常のブログを書きつつ、その記事に便乗して、少し意識してそのジャンルの記事を多めにすると、SEO的に相乗効果が生まれる。
成功している記事が増えてくると、なんとなくアクセスが集まりやすい記事を書くコツもわかってくる。

例えば、

肉は網に乗せて炭火焼がうまい。
そうする事によって~


この文章はSEO的に損をしてる。
一般的に同じ語句が続くのはくどい文になるから「そう」とか「あれ」などと訳す事があるけど、SEOを意識するなら訳さないほうが効果がある。
ただ、同じ表現を何度も使うと「こいつ文章下手だな」と思われるから、言い回しを少し変えたりするといい。

例えば、

肉は網に乗せて炭火焼がうまい。
炭で炙る事によって~


肉は網に乗せて炭火焼がうまい。
炭火を直に当てる事によって~


こんな感じで違和感なく関連するキーワードを盛り込むといい。
読む側にも違和感を感じさせず、キーワードを巧みに盛り込み、記事の内容を充実させる。
このように偶然を必然に変えるように意識し、人気記事が増えてくれば、それなりに成果はついてくる。
全ての記事がうまくいくとは限らないけど、少し意識するだけで確率はぐんと上がるはず。
アクセス解析をしてない人は是非、検索キーワードなども見れるものを利用して分析してみてほしい。 にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
CATEGORY:アフィリエイトについて
TAGS:
THEME:Webサービス | GENRE:コンピュータ

未来記事の表示/非表示をコントロールする

■HTML

<!--topentry-->
<div class="display_none_<%topentry_year>">
<%topentry_body>
</div>
<!--/topentry-->

■CSS

.display_none_2030 {display:none;}

<%topentry_year>は投稿年の変数なので、この例の場合はコントロールしたい記事の投稿年を2030年で更新する。
そうすれば、その記事が表示される設定になっているページにて、
<div class="display_none_<%topentry_year>">の部分を通った時に
<div class="display_none_2030">となり、
CSSの.display_none_2030と一致し、{display:none;}非表示が適用される。
ifの分岐判定みたいな感じ。

これをモード(エリア)変数と組み合わせる事により、トップページだけに表示やカテゴリーページだけに表示という使い方ができる。
また、topentryの部分をrecentやarchiveに変える事により、プラグインの最新記事や月別の一覧にも未来記事を表示しないという事もできる。

<!--topentry-->内で使える変数であれば、この投稿年以外の変数でもコントロールできる。
例えば、<%topentry_category_no>を使えば、トップページに特定のカテゴリーの未来記事だけ非表示などできる。

実際に未来記事の表示をコントロールしているページ
目の症状 - パソコン病の予防と改善

一番上の商品と人気商品4つ、商品一覧のタイトルバーまでが未来記事で、それ以降が普通の記事。この未来記事は、カテゴリーページの「目の症状」だけに表示され、他のページでは表示しない。カテゴリーページを「新しい順」で表示、そして未来記事をコントロールする事により、カテゴリー毎におすすめ(人気)商品を常に一番上に表示している。

これを利用する事により、ネットショップのようなカテゴリー別のトップページを作る事ができる。ショップ風のアフィリエイトサイトやドロップシッピングサイトを作る場合に効果的。 にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
CATEGORY:FC2BLOGカスタマイズ
TAGS:
THEME:インターネットサービス | GENRE:コンピュータ

魅力あるコンテンツを作る事が一番のSEOと言われる理由

「○○(人気ブランド名) 通販」というミドルワードで1位~3位くらいで上位キープしてるショップサイトがある。
最低限の内部SEOとスタッフブログからのリンクだけで、あまりSEOは意識していない。
というか状況が悪くないため、下手にいじるのが怖くて、何もしていないというのが本音。
更新は3日に1回くらいの商品アップロードだけ。

なぜ、こんなに上位をキープできているのか考えると、
たぶんページビューが多く、回遊率が高いからなのかなと思う。
検索でどこかのページに辿りついて、その後内部リンクをクリックして他のページを見る確率が高い。

例えば、直接商品名で検索して、商品ページに辿りつく。
その後、そのページ内の他の商品やカテゴリーが目について、他の商品も見る。

こう考えるとショップサイトは作り方しだいでは、数あるホームページの種類の中で有利なのかなと思う。たしかに何を検索してもショップのページが上位にくる事多いよね。
売上に直結するから全体的に頑張ってるというのもあるんだろうけど、それでもアフィリエイト目的で狙って作るページよりは評価されやすい気がする。リピート率はどうだろなぁ。そこまでは見てないかな。

とにかく、更新頻度が高くなくても、長期に渡り自然な更新をしていれば、自ずと結果はついてくる印象。この「自然」というのが重要で、その指標として訪問者の内部回遊率を見ているのではないかと思う。

ロボットが自然さを判定するのは難しいから。

それがうまくできていれば、キーワード率だとかhタグの使い方だとか、
そんな細かい小手先のSEO対策は全く問題にされないのではないかと。

複数のページを見られてる
 ↓
見る側にとって自然で有意義なサイト
 ↓
サイトの価値が高いと判断


こんなところかな。

アフィリサイトの場合、1ページ見て「なんだアフィリエイトか」と思われるようではダメ。
他のページも読んでもらえるような工夫が必要。
そのためにはコンテンツの充実が必要不可欠という事になる。

ロボットばかり意識しないで、人間を意識して作ったほうが、長期的に見ると結果が出る。 にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
CATEGORY:Google SEOについて
TAGS:
THEME:インターネットサービス | GENRE:コンピュータ

アフィリエイトのターゲットと商品について

効果的なSEO対策をするために、アフィリエイトブログを作る前に予めターゲット層と商品を絞っておいたほうがよい。

個人的に狙い目はアラフォー女性かなと思う。
理由としては、第二次ベビーブームの世代なので、単純に人口が多い。
バブル後の世代だけど、今の若者よりは購買欲が高い。
そして今の若者や男性よりインターネットに疎く、アフィリエイトとか深く考えずに直感でクリックする。
オンラインショッピングの統計では、常にレディースファッションが上位。
晩婚化により独身が多く、趣味に自由にお金を使える。
専業主婦なら時間を持て余してるかもしれないし、子供がいたら子供のための購買もある。
いずれにしても他の層よりメリットが多く、その世代を狙えば幅広い商品で勝負できる。

次にどんな商材がいいか。
楽天アフィリエイトなんかだと、そのクリックが直接購買に繋がらなくても、Cookie(クッキー)が1ヶ月間保持される。
この1ヶ月の間に何の商品でもいいから楽天で買い物してもらうと報酬になる。

例えば、ダイエットサプリメントの記事を書いてアフィリエイトリンクを貼る。
 ↓
その記事を見たAさんがアフィリエイトリンクをクリック。
 ↓
残念ながら購買には繋がらず。でも1ヶ月間のクッキーを保持する事になる。
 ↓
2週間後、Aさんが楽天参加のショップからベッドを買う。
 ↓
報酬ゲット(しかもサプリよりずっと高価なベッドなので報酬ウマウマ)

これを考えると、楽天アフィリエイトを利用する場合は、
買ってもらう事より、クリックしてもらう事を
強く意識したほうがいい。


本当に魅力のある商品や人気商品でも、商品名をコピペして他で最安値を探すから、そのリンクから直接買ってもらうのは本当に難しいい。
どこにでもありそうなありきたりな商品の場合、「あとで楽天で探そう」となる。
なので、記事を読み進めながら、なんぞこれ?と、ついクリックしてしまうような変わり種商品のほうが、クリック率が高いかも知れない。

例えばこんなのとかね。


まず、見た目のインパクトがある。
パソコン作業などで首や背中が慢性的に痛い人がこれ見たら、
なにこれ気持ちよさそうwと、ついクリックしてしまう。
こういう商品なら記事内容に沿った商品でなくとも一定のクリックが見込める。 にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
CATEGORY:アフィリエイトについて
TAGS:
THEME:インターネットサービス | GENRE:コンピュータ

早くアクセス数を増やすためには

早くアクセス数を増やしたいなら、早くインデックスを増やす。
早くインデックスを増やすためには、クローラーの訪問頻度を上げる。
クローラーの訪問頻度を上げるためには、とにかく更新する。

ブログサービスを利用した場合、ひとつ記事を新規追加するとカテゴリー別やら月別やら複数のページが更新され、内部リンクも自動的に増えるので効果が出やすい。
たとえ何も更新しなくいとも、コメントが投稿されたりすると更新されるのでお得。

オリジナルの内容であれば、使いまわし記事でもたぶん問題ない。
タイトルや投稿カテゴリーは変えたほうがいい。
他サイトのコピー記事、もしくは多少変えただけの記事を量産すると、最初は好調でも1ヶ月も経たずにペナルティを受ける。短期間にアクセスを集め、ペナルティを受けたらブログを捨てる覚悟があるなら、この手法でもいいかも知れない。

ブログサービスを利用せず、オリジナルのホームページを作った場合、動的ページが無ければ更新頻度を上げるのが難しかったりする。
もし、なかなかクローラーが来てくれないなら、各種ブログランキングへの登録も有効。
オリジナルサイト作成後、なかなかクローラーが来ず、来てもインデックスしてくれない、そんなサイトを登録したら、次の日には数回クローラーが来た。
ランキングサイトにリンクが貼られ、そこからアクセスがあると、クローラーが来てくれる。サイトに外部から何らかのアクションがあるとクロールされやすい。
登録カテゴリーの選択は、登録数が少なく、なるべく上位に表示されるようなカテゴリーを狙うのがコツ。

おすすめのブログランキングは、にほんブログ村
GooglePageRankが高い、利用者も多い、ユーザーの反応もよく意外とアクセスがあるなどの理由から効果が高いと思う。

ただし、明らかに自分の利益だけを追求したような中身の無いアフィリエイトブログは審査で落とされるので、最低でも登録時は中身のあるサイトにしたほうがいい。
複数のカテゴリーに登録せず、上述のように上位が狙えるカテゴリー1本を100%にしたほうがより効果的。 にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
CATEGORY:Google SEOについて
TAGS:
THEME:インターネットサービス | GENRE:コンピュータ
テンプレート
テンプレートに関する質問は、このブログでは受けつけておりません。複数のサイトやブログを運営しており、メインブログ以外はコメントに気がつかない事が多いからです。質問がある方は下記から、それぞれのテンプレートのリンクをクリックし、そちら(メインブログ)で質問をお願いします。
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

sightseeingに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。スライドショー

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。奥入瀬

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。月と木

torn_paperに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。破れた紙風

wantedに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。WANTED張り紙風

glass_boardシリーズに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。glass_boardシリーズ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ 456位
[サブジャンルランキング]
Webサイト作成 23位