プロフィール

FC2BLOGカスタマイザー

FC2BLOGカスタマイザー

FC2ブログ十数件、アメブロ数件、Yahoo!ストア、Yahoo!オークションストア、カラーミーショップ、ビジネスサイト数件、趣味サイト数件を現在仕事とプライベートで管理・運営中。過去には他のASPやCMSもいろいろ。

全記事表示リンク
検索フォーム
ユーザータグランキング
最新コメント
<>+-

基本的な内部SEO対策

外部SEOは人気サイトにリンクしてもらうとかハードルが高いので、アクセス数の少なさに不満がある方はまず内部SEOを見直そう。
一度アクセスしたあと、お気に入り(ブックマーク)してもらえるか、購買に繋がるかはサイトの中身しだいだが、これらをしっかり記述する事で、効果の大小はあっても確実に検索サイト経由でのアクセスは増える。


title要素
<title>タグは検索エンジンが最も重要視するタグで、文字通りタイトル(題名)を意味する。
検索結果でクリックする部分なので、検索エンジンだけを意識するのではなく、利用者がクリックしたくなるようなタイトルが良い。
表示されるのは30文字程度なので、それ以下の文字数にする。
キーワードを1~2個入れ、先頭のほうに重要なキーワードを入れると効果的。
次の例は仮にYahoo!が無名サイトだった場合の例。
(現在、Yahoo!等の有名サイトは直接名前で検索される事が多いため、シンプルに「Yahoo! JAPAN」だけで問題ない。)

例)
<title>インターネット検索ならYahoo!</title>


meta要素のdescription属性
検索結果のタイトルの下に表示される事があるサイトの要約。
わかりやすく正確な情報を載せたほうがクリックされやすい。
長すぎても全て表示されないし効果が分散するため、80~100文字程度の文章を記載する。
この中にも重要なキーワードをなるべく前のほうに散りばめる。

例)<meta name="description" content="日本最大級のポータルサイト。検索、オークション、ニュース、天気、スポーツ、メール、ショッピングなど多数のサービスを展開。あなたの生活をより豊かにする「課題解決エンジン」を目指していきます。" />

yahoo_tag.jpg


meta要素のkeywords属性
表示はされないが、検索エンジンにサイトの内容を伝える要素。
「,(半角カンマ)」区切りで5~10個のキーワードを記述する。
キーワードもdescriptionと同様に多すぎるとサイトの特徴が伝わりにくくなり効果が薄れる。
英語やローマ字表記の場合は、日本語やカタカナ表記も入れる。

例)
<meta name="keywords" content="検索,ヤフー,ポータルサイト,ショッピング,オークション" />


<h1>タグ
表示されるサイトの大見出し。
これもdescriptionと同じく、検索結果に表示される事がある。
下位に<h2>~<h6>まで、中見出しや小見出しとして設定でき、上から<h1> → <h6>の順に記述する。
<h1>の上に<h3>があったりするのは構造的に問題あり。
無理やり<h6>まで記述する必要はないが上位の<h>タグほど重要度が高いため、最低でも<h1>は記述する。
これも他の要素と同じく重要なキーワードを入れるのが望ましい。
内容的にはtitle要素よりも詳しく、description属性よりも短く簡潔にしたような、そのページの大見出しとなるもの。

例)
<h1>あなたの生活をより豊かにする日本最大級のポータルサイトYahoo!</h1>

<h2>以降は必要に応じて使用する。
このケースでは、検索・オークション・ニュース・天気・スポーツ・メール・ショッピングなど、サイトを構成する主要な項目を絡めると良い。
ブログやショッピングカートのサービスに標準装備されているテンプレートでは適切でない場合が多く、<h2>タグが「カテゴリー」「新着日記」などの文字に使われていたりする。
構造的に中見出しとして間違いはないのだが、これらをサイトの内容として強調する必要性はない。
例えば、アパレルショップなら、「カテゴリー」という文字を強調するよりも「ブランド名」や「ワンピース」といった文字が強調されたほうが効果が高い。

これら以外にも<p>タグの使い方や<img>タグのalt属性など、まだまだSEOに関連する事はあるが、とりあえず上述の項目はしっかり抑えておきたい。
まずは表示されたサイトのソースを見て、それぞれの要素やタグが適切に使用されているかチェックしよう。
また、descriptionや<h1>以外では、サイトの最初のほうの文章が表示される事もあるので、適切な文章が表示されているか、たまに検索結果もチェックしよう。 にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
CATEGORY:Google SEOについて
TAGS:
THEME:Webサービス | GENRE:コンピュータ

角丸(角R)ボックスを実現するjavascriptの比較

「png画像もしくはcssにて透過するdivボックス」をJavascriptを利用して角丸にする事を目的として数種類のJavascriptを比較してみました。
それぞれの使い方は書くと長くなるので、それぞれ検索して解説してる他のサイトを探して参考にしてください。ここでは比較のみ扱います。

jquery curvycorners
curvy1.jpg
綺麗だけど重い。
重いと能力の低いパソコンでは最初は四角いボックスで、付け足すように遅れて丸い部分が表示されるので格好悪い。
あと、ブラウザで拡大表示すると変になったり。
curvy2.jpg(拡大図)


Nifty Corners Cube
nifty1.jpg
丸のカーブが汚い。そして汚いくせに重い。
丸の外側に本来の四角の部分が薄く見えたりして格好悪い。
nifty2.jpg(拡大図)


DD_roundies
dd1.jpg
綺麗で軽い。
拡大して見ると輪郭を滑らかにするアンチエイリアスが他よりも効いてる。
たぶん角丸を表現するjavascriptでは一番いい。
dd2.jpg(拡大しても綺麗)


jquery corner
ちょっと検証した時から時間が経ってしまって記憶が曖昧だけど、透過と相性が悪くて却下した気がする。

ぶっちゃけ角丸にする要素が少なければ、このようなjavascriptを利用せず、従来通りの角丸画像を用意してhtmlとcssだけでレイアウトするのが一番綺麗で軽いという結論。 にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
CATEGORY:FC2BLOGカスタマイズ
TAGS:
THEME:インターネットサービス | GENRE:コンピュータ

魅力あるコンテンツを作る事が一番のSEOと言われる理由

「○○(人気ブランド名) 通販」というミドルワードで1位~3位くらいで上位キープしてるショップサイトがある。
最低限の内部SEOとスタッフブログからのリンクだけで、あまりSEOは意識していない。
というか状況が悪くないため、下手にいじるのが怖くて、何もしていないというのが本音。
更新は3日に1回くらいの商品アップロードだけ。

なぜ、こんなに上位をキープできているのか考えると、
たぶんページビューが多く、回遊率が高いからなのかなと思う。
検索でどこかのページに辿りついて、その後内部リンクをクリックして他のページを見る確率が高い。

例えば、直接商品名で検索して、商品ページに辿りつく。
その後、そのページ内の他の商品やカテゴリーが目について、他の商品も見る。

こう考えるとショップサイトは作り方しだいでは、数あるホームページの種類の中で有利なのかなと思う。たしかに何を検索してもショップのページが上位にくる事多いよね。
売上に直結するから全体的に頑張ってるというのもあるんだろうけど、それでもアフィリエイト目的で狙って作るページよりは評価されやすい気がする。リピート率はどうだろなぁ。そこまでは見てないかな。

とにかく、更新頻度が高くなくても、長期に渡り自然な更新をしていれば、自ずと結果はついてくる印象。この「自然」というのが重要で、その指標として訪問者の内部回遊率を見ているのではないかと思う。

ロボットが自然さを判定するのは難しいから。

それがうまくできていれば、キーワード率だとかhタグの使い方だとか、
そんな細かい小手先のSEO対策は全く問題にされないのではないかと。

複数のページを見られてる
 ↓
見る側にとって自然で有意義なサイト
 ↓
サイトの価値が高いと判断


こんなところかな。

アフィリサイトの場合、1ページ見て「なんだアフィリエイトか」と思われるようではダメ。
他のページも読んでもらえるような工夫が必要。
そのためにはコンテンツの充実が必要不可欠という事になる。

ロボットばかり意識しないで、人間を意識して作ったほうが、長期的に見ると結果が出る。 にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
CATEGORY:Google SEOについて
TAGS:
THEME:インターネットサービス | GENRE:コンピュータ

早くアクセス数を増やすためには

早くアクセス数を増やしたいなら、早くインデックスを増やす。
早くインデックスを増やすためには、クローラーの訪問頻度を上げる。
クローラーの訪問頻度を上げるためには、とにかく更新する。

ブログサービスを利用した場合、ひとつ記事を新規追加するとカテゴリー別やら月別やら複数のページが更新され、内部リンクも自動的に増えるので効果が出やすい。
たとえ何も更新しなくいとも、コメントが投稿されたりすると更新されるのでお得。

オリジナルの内容であれば、使いまわし記事でもたぶん問題ない。
タイトルや投稿カテゴリーは変えたほうがいい。
他サイトのコピー記事、もしくは多少変えただけの記事を量産すると、最初は好調でも1ヶ月も経たずにペナルティを受ける。短期間にアクセスを集め、ペナルティを受けたらブログを捨てる覚悟があるなら、この手法でもいいかも知れない。

ブログサービスを利用せず、オリジナルのホームページを作った場合、動的ページが無ければ更新頻度を上げるのが難しかったりする。
もし、なかなかクローラーが来てくれないなら、各種ブログランキングへの登録も有効。
オリジナルサイト作成後、なかなかクローラーが来ず、来てもインデックスしてくれない、そんなサイトを登録したら、次の日には数回クローラーが来た。
ランキングサイトにリンクが貼られ、そこからアクセスがあると、クローラーが来てくれる。サイトに外部から何らかのアクションがあるとクロールされやすい。
登録カテゴリーの選択は、登録数が少なく、なるべく上位に表示されるようなカテゴリーを狙うのがコツ。

おすすめのブログランキングは、にほんブログ村
GooglePageRankが高い、利用者も多い、ユーザーの反応もよく意外とアクセスがあるなどの理由から効果が高いと思う。

ただし、明らかに自分の利益だけを追求したような中身の無いアフィリエイトブログは審査で落とされるので、最低でも登録時は中身のあるサイトにしたほうがいい。
複数のカテゴリーに登録せず、上述のように上位が狙えるカテゴリー1本を100%にしたほうがより効果的。 にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
CATEGORY:Google SEOについて
TAGS:
THEME:インターネットサービス | GENRE:コンピュータ

SEO対策なんていらなかったんや

とりあえず、次のページを見てほしい。
http://blog-imgs-55.fc2.com/c/u/s/customizefc2blog/customizefc2blog20121115.html
インターネット黎明期を経験した人なら懐かしい感じがするだろう。
当時はこんなページばかりだった。

んで、ここから本題。
検索ワードには、ビッグキーワード、ミドルキーワード、スモールキーワードと呼ばれるものがある。ビッグキーワードは単一キーワード、ミドルは2語の複合キーワード、スモールは3語の複合キーワード。

例えば、次のような感じ。
ビッグキーワード「かに」や「蟹」
ミドルキーワード「かに 通販」や「蟹 漁師直送」
スモールキーワード「かに 通販 直送」や「蟹 販売 北海道」

ただ、現在の傾向を見るとビッグキーワードはあまり重要ではない。
例えば、ネット通販で蟹を買いたい場合に、「かに」という単ワード検索では、かに料理の店や生物学などの視点で蟹を解説しているサイトなど、必要のないサイトも拾ってしまうので、「かに 通販」や「かに 販売」などの複合キーワードで検索する人がほとんどだろう。

必然的に制作側が強く意識するのは2~3語の複合キーワードで、通販サイトやオンラインショップでは、「商品名 通販」「ブランド・メーカー名 通販」「ジャンル 通販」などが重視するキーワードである。

少し前に「○△□ 通販」という○△□をメイン商材として扱っているショップなら一番意識するキ―ワードで検索し、上位に表示されるサイトをチェックしていたところ、記事の冒頭にリンクを貼った このページ とほぼ同質のサイトが1ページ目に表示されていた。直接記事に取り上げて批評するのはよくないと思ったので、文章や画像を変えて、それなりに忠実に模倣して作ったページがそれ。

衝撃的だった。

検索ロボットに対して視覚的デザインは関係ないと理解していても衝撃的だった。
ドメインを見るとプロバイダ付属のホームページスペースのようだ。
そういえば昔は、現在ほどレンタルサーバーサービスも普及してなくて、そういう場所を利用してホームページを作ってた。
ソースを見るとホームページビルダーで作っている。
SEOに重要だと言われている<h1>タグなどは無く、内部SEOはほとんどできていない。

更に詳しく知りたくなったので、外部ツールなどで調べてみると、被リンクは60、内訳はよくあるリンク集やディレクトリサイトから10、サテライトブログから50だった。
サテライトブログは1年くらい前に一気に作ったらしく、無料ブログ数社を利用して量産していた。URLは次のような感じで、ひとつのブログサービスでも複数展開している。
http://●▲■.blog.fc2.com/
http://●▲■1.blog.fc2.com/
http://●▲■2.blog.fc2.com/
http://ameblo.jp/●▲■/
http://ameblo.jp/●▲■1/
http://ameblo.jp/●▲■2/

どのブログも記事は1記事だけで、タイトルだけ変え、記事の中身も少し変えている。
中には全く同じ記事のものもある。そしてそれぞれで相互リンク。

他にSEO対策らしきものは見当たらない。
ドメインパワーも他に比べて特別良いとは思えない。
サテライトサイトは記事の質や量が重要という事でみんな苦労してるみたいだけど、これで効果があるのか・・・。

他に考えられるとしたら、小手先のSEO対策よりも、量は少なく質は悪くとも長い間継続して更新する事が、SEOに多大な好影響を与えているのかも知れない。

それにしても、ある程度競争率のあるワードなのに、これで上位に表示されるのはすごい。
今後も継続して注視していこうと思う。 にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
CATEGORY:Google SEOについて
TAGS:
THEME:インターネットサービス | GENRE:コンピュータ
テンプレート
テンプレートに関する質問は、このブログでは受けつけておりません。複数のサイトやブログを運営しており、メインブログ以外はコメントに気がつかない事が多いからです。質問がある方は下記から、それぞれのテンプレートのリンクをクリックし、そちら(メインブログ)で質問をお願いします。
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

sightseeingに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。スライドショー

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。奥入瀬

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。月と木

torn_paperに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。破れた紙風

wantedに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。WANTED張り紙風

glass_boardシリーズに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。glass_boardシリーズ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ 427位
[サブジャンルランキング]
Webサイト作成 20位