プロフィール

FC2BLOGカスタマイザー

FC2BLOGカスタマイザー

FC2ブログ十数件、アメブロ数件、Yahoo!ストア、Yahoo!オークションストア、カラーミーショップ、ビジネスサイト数件、趣味サイト数件を現在仕事とプライベートで管理・運営中。過去には他のASPやCMSもいろいろ。

全記事表示リンク
検索フォーム
ユーザータグランキング
最新コメント
<>+-

SEOに関する人気記事ランキング(マンスリー更新)

にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
CATEGORY:このブログについて
TAGS:
THEME:Webサービス | GENRE:コンピュータ

直近1ヶ月の人気記事

にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
CATEGORY:このブログについて
TAGS:
THEME:インターネットサービス | GENRE:コンピュータ

基本的な内部SEO対策

外部SEOは人気サイトにリンクしてもらうとかハードルが高いので、アクセス数の少なさに不満がある方はまず内部SEOを見直そう。
一度アクセスしたあと、お気に入り(ブックマーク)してもらえるか、購買に繋がるかはサイトの中身しだいだが、これらをしっかり記述する事で、効果の大小はあっても確実に検索サイト経由でのアクセスは増える。


title要素
<title>タグは検索エンジンが最も重要視するタグで、文字通りタイトル(題名)を意味する。
検索結果でクリックする部分なので、検索エンジンだけを意識するのではなく、利用者がクリックしたくなるようなタイトルが良い。
表示されるのは30文字程度なので、それ以下の文字数にする。
キーワードを1~2個入れ、先頭のほうに重要なキーワードを入れると効果的。
次の例は仮にYahoo!が無名サイトだった場合の例。
(現在、Yahoo!等の有名サイトは直接名前で検索される事が多いため、シンプルに「Yahoo! JAPAN」だけで問題ない。)

例)
<title>インターネット検索ならYahoo!</title>


meta要素のdescription属性
検索結果のタイトルの下に表示される事があるサイトの要約。
わかりやすく正確な情報を載せたほうがクリックされやすい。
長すぎても全て表示されないし効果が分散するため、80~100文字程度の文章を記載する。
この中にも重要なキーワードをなるべく前のほうに散りばめる。

例)<meta name="description" content="日本最大級のポータルサイト。検索、オークション、ニュース、天気、スポーツ、メール、ショッピングなど多数のサービスを展開。あなたの生活をより豊かにする「課題解決エンジン」を目指していきます。" />

yahoo_tag.jpg


meta要素のkeywords属性
表示はされないが、検索エンジンにサイトの内容を伝える要素。
「,(半角カンマ)」区切りで5~10個のキーワードを記述する。
キーワードもdescriptionと同様に多すぎるとサイトの特徴が伝わりにくくなり効果が薄れる。
英語やローマ字表記の場合は、日本語やカタカナ表記も入れる。

例)
<meta name="keywords" content="検索,ヤフー,ポータルサイト,ショッピング,オークション" />


<h1>タグ
表示されるサイトの大見出し。
これもdescriptionと同じく、検索結果に表示される事がある。
下位に<h2>~<h6>まで、中見出しや小見出しとして設定でき、上から<h1> → <h6>の順に記述する。
<h1>の上に<h3>があったりするのは構造的に問題あり。
無理やり<h6>まで記述する必要はないが上位の<h>タグほど重要度が高いため、最低でも<h1>は記述する。
これも他の要素と同じく重要なキーワードを入れるのが望ましい。
内容的にはtitle要素よりも詳しく、description属性よりも短く簡潔にしたような、そのページの大見出しとなるもの。

例)
<h1>あなたの生活をより豊かにする日本最大級のポータルサイトYahoo!</h1>

<h2>以降は必要に応じて使用する。
このケースでは、検索・オークション・ニュース・天気・スポーツ・メール・ショッピングなど、サイトを構成する主要な項目を絡めると良い。
ブログやショッピングカートのサービスに標準装備されているテンプレートでは適切でない場合が多く、<h2>タグが「カテゴリー」「新着日記」などの文字に使われていたりする。
構造的に中見出しとして間違いはないのだが、これらをサイトの内容として強調する必要性はない。
例えば、アパレルショップなら、「カテゴリー」という文字を強調するよりも「ブランド名」や「ワンピース」といった文字が強調されたほうが効果が高い。

これら以外にも<p>タグの使い方や<img>タグのalt属性など、まだまだSEOに関連する事はあるが、とりあえず上述の項目はしっかり抑えておきたい。
まずは表示されたサイトのソースを見て、それぞれの要素やタグが適切に使用されているかチェックしよう。
また、descriptionや<h1>以外では、サイトの最初のほうの文章が表示される事もあるので、適切な文章が表示されているか、たまに検索結果もチェックしよう。 にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
CATEGORY:Google SEOについて
TAGS:
THEME:Webサービス | GENRE:コンピュータ

記事単位でトップを狙え!

アフィリエイトブログは、テーマを絞り特化したブログにする。
たしかに本格的に稼ぐならそのほうがいい。
でも、趣味ブログの体裁を保ちつつ、お小遣い程度稼げればいいのであれば、それほど気にしなくてもいいと思う。

アクセス解析をしている人はわかると思うけど、なぜかアクセスの多い記事ってあるよね?
記事に辿り着くには、リンクからだったり検索からだったり、ルートはいろいろあるけど、そういう記事は検索からの訪問が多い。
その記事は、程良い需要があるニッチなキーワードの選定に偶然成功していて、内容もそこそこ充実。用はSEOがうまくいってるんだよね。

テーマはひとつに絞らなくとも、普通に日常のブログを書きつつ、その記事に便乗して、少し意識してそのジャンルの記事を多めにすると、SEO的に相乗効果が生まれる。
成功している記事が増えてくると、なんとなくアクセスが集まりやすい記事を書くコツもわかってくる。

例えば、

肉は網に乗せて炭火焼がうまい。
そうする事によって~


この文章はSEO的に損をしてる。
一般的に同じ語句が続くのはくどい文になるから「そう」とか「あれ」などと訳す事があるけど、SEOを意識するなら訳さないほうが効果がある。
ただ、同じ表現を何度も使うと「こいつ文章下手だな」と思われるから、言い回しを少し変えたりするといい。

例えば、

肉は網に乗せて炭火焼がうまい。
炭で炙る事によって~


肉は網に乗せて炭火焼がうまい。
炭火を直に当てる事によって~


こんな感じで違和感なく関連するキーワードを盛り込むといい。
読む側にも違和感を感じさせず、キーワードを巧みに盛り込み、記事の内容を充実させる。
このように偶然を必然に変えるように意識し、人気記事が増えてくれば、それなりに成果はついてくる。
全ての記事がうまくいくとは限らないけど、少し意識するだけで確率はぐんと上がるはず。
アクセス解析をしてない人は是非、検索キーワードなども見れるものを利用して分析してみてほしい。 にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
CATEGORY:アフィリエイトについて
TAGS:
THEME:Webサービス | GENRE:コンピュータ

canonical属性の注意点

<head>内に書く、検索ロボットを制御するタグに
<link rel="canonical" href="URL" />というものがある。
これは、重複した内容のページに対して設定し、優先ページへ誘導するためのタグ。
htmlに書くだけでいいので、引越しした時などにサーバーの都合でリダイレクトの設定ができない場合に、その代わりとしても使える。

リダイレクトは簡単に設定できない場合があります。たとえば、サーバーサイドのリダイレクトを作成できないウェブ サーバーを使用しているときに、新しいドメイン名に移行する場合などです。このような場合には、rel="canonical" リンク要素を使用して、このドメインでインデックス登録の対象になる正確な URL を指定できます。rel="canonical" リンク要素は絶対的な指示ではなく、ヒントとしてみなされますが、Google では可能な限りこの要素を追跡します。(GoogleWebMasterToolヘルプより)

これを悪用して、重複していない全く関係のないページにcanonical属性を記述して、一部のページを優先的に表示し、SEOの効果を高める事はできない。

rel="canonical" 属性は、重複したコンテンツを含む複数のページ(記述の順番など少々の違いがあっても重複とみなされます)から優先ページを指定する目的のみで使用してください。
たとえばあるサイトで、同じ種類のダンスシューズを紹介するページが複数あり、商品写真のシューズの色以外のコンテンツがすべて一緒である場合などは、1 番人気がある色のページを canonical ページに指定するのがよいでしょう。このページが Google の検索結果に優先表示される可能性が高くなります。しかし、ジェル製の靴シートの紹介ページを靴のページより上位に表示したいといった目的のみで rel="canonical" 属性を使用することはできません。(GoogleWebMasterToolヘルプより)

という事で、できないはずなんだけど、それができちゃうらしいんだよね。
「絶対的な指示ではなく、ヒントとしてみなされます」
「少々の違いがあっても重複とみなされます」
「優先表示される可能性が高くなります」

表現も曖昧だけど、効果も曖昧。

どの程度重複した場合にcanonical属性が適用されるかはGoogleにしかわからないけど、調べた限りでは判定が非常に甘い。
なので、間違った使い方をすると、トータルでSEO効果がマイナスになる事もありえる。
この判定が厳しければ、多くのページに設定し、判断はGoogleにまかせて、重複のない最適なインデックス状態にする事ができそうだけど、現状はそうではない。

ブログサービスを利用する場合、<head>の内容は全てのページで共通になる事が多いため、特に注意が必要。
記事などが表示されるメイン部分はページによって異なるけど、それ以外の部分(ヘッダー・サイド・フッター)などが固定になっている事が多いから、短い記事のページが多かったりすると、それぞれの8割方が重複なんて事もありえる。
曖昧だけど、感触的には5割程度重複していると適用されてしまう。
なので、ブログサービスでは書かないほうがいい。

FC2ブログだと、全記事一覧がarchives.htmlと?allで完全に重複、
個別記事エリアもblog-entry-○.htmlと?no=○で完全に重複するため、
前に書いた「タイトルタグの重複」対策 FC2ブログパーフェクト版のサンプルでも記述してるけど、次のように全記事一覧ページと個別記事ページだけに設定するといい。

<!--titlelist_area-->
<link rel=canonical href="<%url>archives.html">
<!--/titlelist_area-->

<!--permanent_area-->
<link rel=canonical href="<%url>blog-entry-<%pno>.html">
<!--/permanent_area-->

もし、両方インデックスされている場合、その分のインデックスが減る事になるけど、内容が全く同じページでURLが違うだけなので、このインデックスは無意味。
むしろ重複コンテンツとしてマイナス評価になりえるので減っても問題ない。
片方にアクセスを集めたほうが効果的といえる。 にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
CATEGORY:Google SEOについて
TAGS:
THEME:インターネットサービス | GENRE:コンピュータ
テンプレート
テンプレートに関する質問は、このブログでは受けつけておりません。複数のサイトやブログを運営しており、メインブログ以外はコメントに気がつかない事が多いからです。質問がある方は下記から、それぞれのテンプレートのリンクをクリックし、そちら(メインブログ)で質問をお願いします。
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

sightseeingに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。スライドショー

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。奥入瀬

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。月と木

torn_paperに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。破れた紙風

wantedに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。WANTED張り紙風

glass_boardシリーズに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。glass_boardシリーズ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ 427位
[サブジャンルランキング]
Webサイト作成 20位