プロフィール

FC2BLOGカスタマイザー

FC2BLOGカスタマイザー

FC2ブログ十数件、アメブロ数件、Yahoo!ストア、Yahoo!オークションストア、カラーミーショップ、ビジネスサイト数件、趣味サイト数件を現在仕事とプライベートで管理・運営中。過去には他のASPやCMSもいろいろ。

全記事表示リンク
検索フォーム
ユーザータグランキング
最新コメント
<>+-

早くアクセス数を増やすためには

早くアクセス数を増やしたいなら、早くインデックスを増やす。
早くインデックスを増やすためには、クローラーの訪問頻度を上げる。
クローラーの訪問頻度を上げるためには、とにかく更新する。

ブログサービスを利用した場合、ひとつ記事を新規追加するとカテゴリー別やら月別やら複数のページが更新され、内部リンクも自動的に増えるので効果が出やすい。
たとえ何も更新しなくいとも、コメントが投稿されたりすると更新されるのでお得。

オリジナルの内容であれば、使いまわし記事でもたぶん問題ない。
タイトルや投稿カテゴリーは変えたほうがいい。
他サイトのコピー記事、もしくは多少変えただけの記事を量産すると、最初は好調でも1ヶ月も経たずにペナルティを受ける。短期間にアクセスを集め、ペナルティを受けたらブログを捨てる覚悟があるなら、この手法でもいいかも知れない。

ブログサービスを利用せず、オリジナルのホームページを作った場合、動的ページが無ければ更新頻度を上げるのが難しかったりする。
もし、なかなかクローラーが来てくれないなら、各種ブログランキングへの登録も有効。
オリジナルサイト作成後、なかなかクローラーが来ず、来てもインデックスしてくれない、そんなサイトを登録したら、次の日には数回クローラーが来た。
ランキングサイトにリンクが貼られ、そこからアクセスがあると、クローラーが来てくれる。サイトに外部から何らかのアクションがあるとクロールされやすい。
登録カテゴリーの選択は、登録数が少なく、なるべく上位に表示されるようなカテゴリーを狙うのがコツ。

おすすめのブログランキングは、にほんブログ村
GooglePageRankが高い、利用者も多い、ユーザーの反応もよく意外とアクセスがあるなどの理由から効果が高いと思う。

ただし、明らかに自分の利益だけを追求したような中身の無いアフィリエイトブログは審査で落とされるので、最低でも登録時は中身のあるサイトにしたほうがいい。
複数のカテゴリーに登録せず、上述のように上位が狙えるカテゴリー1本を100%にしたほうがより効果的。 にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
CATEGORY:Google SEOについて
TAGS:
THEME:インターネットサービス | GENRE:コンピュータ

SEO対策なんていらなかったんや

とりあえず、次のページを見てほしい。
http://blog-imgs-55.fc2.com/c/u/s/customizefc2blog/customizefc2blog20121115.html
インターネット黎明期を経験した人なら懐かしい感じがするだろう。
当時はこんなページばかりだった。

んで、ここから本題。
検索ワードには、ビッグキーワード、ミドルキーワード、スモールキーワードと呼ばれるものがある。ビッグキーワードは単一キーワード、ミドルは2語の複合キーワード、スモールは3語の複合キーワード。

例えば、次のような感じ。
ビッグキーワード「かに」や「蟹」
ミドルキーワード「かに 通販」や「蟹 漁師直送」
スモールキーワード「かに 通販 直送」や「蟹 販売 北海道」

ただ、現在の傾向を見るとビッグキーワードはあまり重要ではない。
例えば、ネット通販で蟹を買いたい場合に、「かに」という単ワード検索では、かに料理の店や生物学などの視点で蟹を解説しているサイトなど、必要のないサイトも拾ってしまうので、「かに 通販」や「かに 販売」などの複合キーワードで検索する人がほとんどだろう。

必然的に制作側が強く意識するのは2~3語の複合キーワードで、通販サイトやオンラインショップでは、「商品名 通販」「ブランド・メーカー名 通販」「ジャンル 通販」などが重視するキーワードである。

少し前に「○△□ 通販」という○△□をメイン商材として扱っているショップなら一番意識するキ―ワードで検索し、上位に表示されるサイトをチェックしていたところ、記事の冒頭にリンクを貼った このページ とほぼ同質のサイトが1ページ目に表示されていた。直接記事に取り上げて批評するのはよくないと思ったので、文章や画像を変えて、それなりに忠実に模倣して作ったページがそれ。

衝撃的だった。

検索ロボットに対して視覚的デザインは関係ないと理解していても衝撃的だった。
ドメインを見るとプロバイダ付属のホームページスペースのようだ。
そういえば昔は、現在ほどレンタルサーバーサービスも普及してなくて、そういう場所を利用してホームページを作ってた。
ソースを見るとホームページビルダーで作っている。
SEOに重要だと言われている<h1>タグなどは無く、内部SEOはほとんどできていない。

更に詳しく知りたくなったので、外部ツールなどで調べてみると、被リンクは60、内訳はよくあるリンク集やディレクトリサイトから10、サテライトブログから50だった。
サテライトブログは1年くらい前に一気に作ったらしく、無料ブログ数社を利用して量産していた。URLは次のような感じで、ひとつのブログサービスでも複数展開している。
http://●▲■.blog.fc2.com/
http://●▲■1.blog.fc2.com/
http://●▲■2.blog.fc2.com/
http://ameblo.jp/●▲■/
http://ameblo.jp/●▲■1/
http://ameblo.jp/●▲■2/

どのブログも記事は1記事だけで、タイトルだけ変え、記事の中身も少し変えている。
中には全く同じ記事のものもある。そしてそれぞれで相互リンク。

他にSEO対策らしきものは見当たらない。
ドメインパワーも他に比べて特別良いとは思えない。
サテライトサイトは記事の質や量が重要という事でみんな苦労してるみたいだけど、これで効果があるのか・・・。

他に考えられるとしたら、小手先のSEO対策よりも、量は少なく質は悪くとも長い間継続して更新する事が、SEOに多大な好影響を与えているのかも知れない。

それにしても、ある程度競争率のあるワードなのに、これで上位に表示されるのはすごい。
今後も継続して注視していこうと思う。 にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
CATEGORY:Google SEOについて
TAGS:
THEME:インターネットサービス | GENRE:コンピュータ

タイトルに記号を使うとSEO評価マイナスかも?

記号単独で検索してもヒットしない事から、検索ロボットは記号を省いた文字列しか見ていないので、タイトルに記号を使ってもSEO的には影響が無いと、巷では言われてきたが、少し前のYahoo!ショッピングストア管理者用ノウハウ集「検索結果の表示順位はどのように決まる?」という特集の評価基準に次のような項目があった。

商品名内の修飾文字について
減点対象文字が含まれた回数で減点。(減点対象の修飾文字)
【】[]!!★☆◆≪≫■<>♪●◎※◇○□△▲▼▽

この場合の「検索」とは、Yahoo!ショッピング検索を指す。商品名とは<title>の事。
Yahoo!ストアはカスタマイズの制限が多く、内部SEO対策はtitleとmeta keywordsとdescriptionの設定ができるくらいで他は出来ないに等しい。
また、Google検索等の外部からの集客と同じくらいYahoo!自前のショッピング検索からのアクセスが多いので、Yahoo!ショッピング検索向けのSEO対策をしなければならない。

上記のような記号を使うと減点対象となり、検索順位を決める評価が下がる。
最近は修飾のために過剰に記号文字を使ったタイトルが多いからだろう。
通常の文章でよく使う括弧()()「」や区切りとして使う||-- //・・は問題無いようだ。

Google検索の詳しい評価基準は一般の人はわからない。
果たしてタイトルに記号を使う事は、現在もSEOに対して全く影響が無いのだろうか。
もしかしたら、タイトルに過剰に記号を使う事は避けたほうがいいのかも知れない。 にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
CATEGORY:Google SEOについて
TAGS:
THEME:インターネットサービス | GENRE:コンピュータ

なぜブログがSEOに強いのか?

ブログという表現は広義にあたるので、一応前置きとして書いておくけど、一般的にブログと呼ばれるのはASPのブログサービスの事。ASPとはアプリケーションサービスプロバイダの略で、ブラウザ上で動作するサービスを提供する業者。
Microsoft ExcelやAdobe Photoshopみたいな自分のパソコン上で動作するアプリケーションではなく、ブログサービス・SNS・ツイッター・レンタルカート・オンラインゲームなどのwebアプリケーションといえばわかりやすいかな。

んで、本題。
なぜ、アクセスがないのか?でも書いたように、ホームページを作っただけでは、誰も来てくれない。アクセスを増やすためにはGoogleにインデックスされないといけない。
インデックスされやすくする方法はたくさんあるけど、それを自力で対策するのは非常に手間がかかる。それがブログの場合、全てではないけど、手間がかかる部分を自動的にやってくれる。

自分でサイトを構築してサーバーにアップロードした場合と、ブログを利用してサイトを作った場合では、明らかにブログを利用したほうがインデックスされるのが早いというのが実体験に基づく感想。

では、なぜ早いのか?

1.リンクの自動生成
ブログの場合、記事を書くとたくさんのリンクが自動的に作られる。
Googleの評価基準では、リンクというものが非常に重要で、適度にリンクがある場合、頻繁にクロールされる。クロールというのは検索ロボットが訪れる事を意味する。

外部サイトに自サイトへのリンクがあると、そこを入口にして訪れてくれる。
外部リンクがあればあるほど訪れる回数が増える。

自サイト内部のリンクがあると、クローラーがサイト内部を循環しやすくなり、より多くのページをインデックスしてくれる。ほとんどのブログサービスの場合、最新記事や月別、カテゴリー別など、自動的に内部リンクが作られ、記事が増えるたびに更新してくれる。

これを自前でやるのは本当に手間がかかる。
大抵そういう要素は全てのページに表示されるサイドバーなどの共通部分にあるから、例えば「最新記事10件表示」などの要素の場合、記事が増えるたびに全てのページのその部分を更新しなければならない。100ページあったら100ページ分を更新する。想像しただけでも大変だよね。でも、ブログならこれを自動でやってくれる。

あとはランキングだとかコミュニティ系のサービスがブログと連動になってるケースも多く、更新した時にそれらにも通知されて外部リンクが貼られたりするパターンも多い。

2.pingの送信。
ping送信というのは、ホームページを更新した事を知らせる信号。
pingをポータルサイトやブログまとめサイトなどに送信する事でページを早く認識してもらい、ものによってはリンクが貼られる。ほとんどのブログサービスでは更新すると自動的に主要サイトへpingを送信してくれる仕組みになってる。

これも自力でもできるけど、更新する度にいちいち他の物を利用するのは面倒。
ブログの場合、更新と同時に送信してくれるので、pingはほとんど意識しなくていい。
非常に便利。

3.サイトマップの自動生成。
サイトマップというのは、そのサイト全体の目次のようなもの。
人間が見るためのhtmlと機械(ロボットやクローラー)が見るためのxmlの2種類があり、
FC2ブログでは後者の検索エンジン用のsitemaps.xmlを自動で生成してくれる。
それをGoogleウェブマスターツールに登録する事により、クロール頻度を上げる事ができる。

あとは真偽の程は定かではないけど、ドメインパワーというものがあるらしい。
わけのわからん新規ドメインよりも、fc2.comとかyahoo.co.jpとか、既に広く認知されて評価されてるドメインを利用するほうがSEOに有利らしい。

とりあえずこんなところかな。
自力でやってみると苦労がわかる。
これらを自動でやってくれるのは本当に便利。 にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
CATEGORY:Google SEOについて
TAGS:
THEME:Webサービス | GENRE:コンピュータ

なぜアクセスがないのか?

素人がいきなりホームページを作っても、誰もアクセスしてくれない。
なぜかというと、ホームページを作っただけでは、山奥に家を建てたようなもんだから。
アクセスするためにブラウザに打ち込む文字列をアドレスっていうじゃん?
文字通りそれが住所なんだけど、住所を知らなければ誰も行く事ができない。

アクセスする方法は前述のアドレスをブラウザに直接入力する方法以外に二つある。
ひとつはリンク。どこかのwebサイトに自分のサイトへのリンクを貼ってもらって、それをクリックしてアクセスする。
ただ、いきなり知らない人が自分のサイトへのリンクを貼ってくれるわけがない。訪れた人がリンクを貼りたいと思うような魅力的なサイトでなければ、なかなかリンクしてもらえない。これには時間がかかる。

もうひとつは検索エンジン。日本ではまだYahoo!が強いのかな?最近のシェアは知らないけど、世界的にはGoogleが一番有名で、他にもいろいろある。
検索エンジンは、検索ロボットがサイトを訪れた時にサイトをインデックスしていって、検索結果に反映されるようになる仕組み。
ロボットに来てもらうようにリクエストができるんだけど、これがなかなか来てくれないし、もし来てもサイトの評価が低ければインデックスしてくれない。
評価が高いサイトは更新するとすぐにロボットが訪れて、全てのページをインデックスしてくれるけど、評価が低い場合はインデックスしてくれるページ数も少ない。
評価が高ければ検索した時に上位に表示される。

評価の基準は具体的にはわからないけど、ある程度の指針はあるので、みんなそれを目指して頑張ってる。
それを検索エンジン最適化という。英語でSearch Engine なんちゃら、略してSEO。
日本では検索エンジンシェアTOP2がYahoo!とGoogleだけど、今はYahoo!もGoogleのエンジンを採用したから、シェアに関係なく意識するのはGoogleだけでよくなった。
SEO対策はいろいろあるけど、盲点をついてズルしてアクセスアップを狙う人や悪徳業者が後を断たないため、検索エンジンも日々進化しイタチゴッコになってる。
以前は有効だったSEO対策がペナルティの対象になって検索圏外に落とされたりする事も日常茶飯事。

苦悩の日々は続く。 にほんブログ村 IT技術ブログ ホームページ・サイト制作支援へ
CATEGORY:Google SEOについて
TAGS:
THEME:インターネット | GENRE:コンピュータ
テンプレート
テンプレートに関する質問は、このブログでは受けつけておりません。複数のサイトやブログを運営しており、メインブログ以外はコメントに気がつかない事が多いからです。質問がある方は下記から、それぞれのテンプレートのリンクをクリックし、そちら(メインブログ)で質問をお願いします。
▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼

sightseeingに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。スライドショー

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。奥入瀬

moon_treeに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。月と木

torn_paperに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。破れた紙風

wantedに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。WANTED張り紙風

glass_boardシリーズに関する不具合報告・質問等は→FC2ブログ共有テンプレート作ってみた。glass_boardシリーズ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ 456位
[サブジャンルランキング]
Webサイト作成 23位